お悩みごとの解決方法

  • やっとの思いで採用したのに、すぐに辞めてしまう。
  • 職員のスキルをあげ、業務を効率化したい。
  • 人の入れ替わりが激しく、混乱しており何から手をつければよいかわからない。
  • 残業を減らして、長期的に働いてもらえる職場にしたい。
  • 人間関係に問題があり、人材が定着しない。
  • 職員のやる気やモチベーションを高めたい。
  • 退職者が多く、職員が定着する方法を知りたい。
  • 人材育成のノウハウを教えてほしい。
  • 自社の課題にあわせた適切な研修をしてほしい。
  • 人材育成に取り組むにあたり相談するパートナーがほしい。
  • 人材を育てる時間的な余裕がない。
  • 職員のサービスレベルをあげたい。
  • 人を増やさずに業務効率を図りたい。
  • 管理職やリーダーに必要なスキルを身につけさせたい。

人材不足が招くリスク

職員の負担増による
離職のリスク

人材不足による残業・業務量の増加は、職員への肉体的、精神的な負担がかかり、モチベーションが低下すると同時に、離職するリスクが高まります。職員の退職は組織にとって大きな損失となり、新規採用の経費以上に大きなマイナスとなります。

個々人の仕事量の増加に伴う
ミス発生のリスク

人材が不足してくると一人ひとりの仕事量が増加します。個々人の仕事量の増加は職員の勤務時間を長くし、疲労や精神的なストレスから業務上のミスが発生するリスクを高めます。業務上のミスはクレームやトラブルを生み出し、対処するためにさらに時間を取られる可能性があります。

離職率の高い環境による
サービス低下のリスク

離職率が高い職場は、当然人手不足を招くとともに、職員のスキルやサービスの低下を招くことが予想されます。新しい人を採用しても一定のスキルが身につく前にまた離職するという悪循環に陥ってしまう可能性も大いにあります。

人手不足のための
機会損失のリスク

人手不足のために予約数や診療数、入所者数などを制限してしまうことは医療機関や施設にとって大きな機会損失となります。充足されている場合の労働力を考えると人材不足は業績に直結する重要な問題といえます。


人材に関する問題は経営や組織運営において、「見えないマイナス」を生み出します。専門的知識と多くの経験を持つ、プロフェッショナルのアドバイスを受けながら早期に対策・検討することをお勧めします。